主要なEthereum ETF申請者がスポットETFのための申請書を修正

By PANews – 2024/05/22 09:18:41 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
GrayscaleとFidelityがEthereum ETF申請を更新
SECのスポットイーサーETF承認と暗号市場への影響

新しい記事では、VanEckやFidelityを含む6つの主要申請者によるEthereumスポットETFの19b-4提出の改訂が取り上げられています。また、Grayscaleがステーキング言語を削除し、FidelityがS-1からステーキング報酬を除外したことも言及されています。同様の記事では、最初のものがGrayscaleとFidelityがEthereum ETF申請を更新することに焦点を当て、2番目のものがSECがスポットEther ETFの承認を検討している可能性とそれが暗号市場に与える影響について議論しています。両方の類似記事は、新しい記事での重要なポイントである提出書類からのステーキング言語の削除に言及しています。したがって、新しい記事での主な事実や議論のポイントは、既に類似記事でカバーされています。

VanEckやFidelityを含む6大手申請者が、EthereumスポットETFのための19b-4提出書を修正しました。Grayscaleはステーキング言語を削除し、FidelityはS-1でステーキング報酬を除外しました。承認には署名入りS-1文書が必要で、19b-4の承認後に遅延の可能性があります。Ark InvestやInvesco Galaxyなどの主要プレーヤーによる調整は、EthereumスポットETFの規制要件を満たすための取り組みを示し、潜在的な承認と立ち上げに向けてS-1文書の最終化に焦点を当てています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: