Uniswap Labs、Wells通知への対応でSECの執行措置に挑戦

By CoinDesk – 2024/05/22 11:30:09 (JST)

Uniswap LabsはSECからのWells通知に対応し、同社のプロトコルが未登録の証券取引所であり、インターフェースやウォレットが未登録の証券ブローカーであるという告発に異議を唱えました。同社は、プロトコルがイーサリアム、Bitcoin、ステーブルコインなどの暗号通貨取引に使用される受動的技術であり、証券規制の対象外であると主張しています。Uniswap Labsの最高法務責任者は、SECがUniswapに管轄権を持つためには、何が取引所を構成するかを再定義する必要があると強調しました。

SECの未解決の執行措置は、Uniswap LabsのネイティブUNIトークンと流動性プロバイダー(LP)トークンを対象としており、これらはUniswapのような自動化市場メーカーにとって不可欠です。SECは、LPトークンが証券法に違反する投資契約であると主張していますが、Uniswap Labsは、これらが規制当局の枠組みには該当せず、単なる簿記デバイスであると反論しています。同社の対応は、SECの執行措置がDeFiの景観全体や金融市場の革新に与える潜在的な影響を強調しています。

Uniswap Labsの法務チームは、SECがUniswapを規制しようとする試みが重大な訴訟リスクをもたらし、アメリカの暗号通貨投資家を外国のプラットフォームに追いやる可能性があると主張しています。同社は必要に応じて訴訟を行う用意がありますが、SECが現在のアプローチがアメリカ人に利益をもたらしていないことを強調し、SECが戦略を再考することを望んでいます。進行中の規制闘争は、Uniswapのような分散型取引所が、暗号通貨やDeFiプラットフォームを取り巻く規制の変化する風景を航行する際に直面する課題を浮き彫りにしています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: