SNPITがSnap-to-Earn写真アプリでグローバル展開

By NFT Plazas – 2024/05/22 15:40:24 (JST)

SNPIT、ブロックチェーン技術を活用した初のSnap-to-Earnプラットフォームは、21時間で1枚150ドルの価格で10,000枚のCamera NFTを日本で販売し、成功を収めました。これらのデジタルアセットにより、ユーザーはアプリを通じて写真を提出することで暗号通貨を稼ぐことができます。今後、SNPITは韓国、MENA地域、英語圏などの新市場に展開し、独自の写真技術とweb3技術を世界中に導入することを目指しています。

日本のバンドWhite Scorpionとの戦略的パートナーシップを含む連携が、SNPITの成功に重要な役割を果たしています。DePIN技術を活用したアプリの「World Repository」機能は、各画像に詳細なタイムスタンプと地理情報が付与された安全な写真ライブラリを確立しています。さらに、ブロックチェーンゲーム銀行(BOBG)との協力により、SNPITのネイティブトークン$SNPTのガバナンスと分配が強化され、トークンシステムの効率的な管理が確保され、さらなる成長の土台が築かれています。

これらの連携と革新的技術を活用することで、SNPITは写真愛好家が暗号通貨報酬を得ることを求めるユーザー層を拡大し、グローバルな存在感を高める準備が整っています。これらのパートナーシップと進化を活かすことで、SNPITは世界中のユーザーに写真提出に対する報酬を提供するという使命を推進し、写真とブロックチェーン技術に情熱を持つユーザーの活発なコミュニティを形成することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

Share on: