SEC議長ゲンスラー、FIT21法案をめぐる暗号通貨規制への懸念を表明

By PANews – 2024/05/22 18:03:59 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
米民主党院内指導部の仮想通貨関連法案FIT21に対する姿勢
下院が協力的な暗号市場構造法案に投票、上院はSECを対象とした決議を可決

新しい記事は、SEC委員長ゲーリー・ゲンスラーがFIT21法案を批判し、規制上のギャップや投資家保護へのリスクに懸念を表明した点に焦点を当てています。具体的には、暗号通貨企業が自社の製品を「分散型」のデジタル商品として自己認証することでSECの監督を逃れる可能性について論じています。一方、類似した記事は、CFTCとSECの規制業務へのFIT21法案の潜在的影響や成立に伴う政治的な力学を含め、より広い観点からFIT21法案を論じています。規制の明確さや消費者保護など、一部の共通テーマに触れていますが、ゲンスラーが提起した具体的な懸念には踏み込んでいません。したがって、この記事は、類似した記事にはない新しい情報と分析を提供しています。

SEC議長ゲンスラーは、FIT21法案を批判し、規制上の隙間を作り、投資家保護の取り組みを危険にさらす可能性があると懸念を表明しました。ゲンスラーは、この法案が暗号通貨企業が製品を「分散化」したデジタル商品として自己認証し、市場の大部分を規制から逃れさせる可能性があると主張しました。また、法案が暗号通貨取引所を取引所の定義から除外し、Howeyテストなどの確立された枠組みを廃止することで、投資家にリスクを増大させることを強調しました。

ゲンスラーのFIT21法案への主な異議は、暗号通貨を投資契約としての分類を弱体化させ、SECがこれらの資産を効果的に規制する能力を弱める可能性がある点にあります。暗号通貨企業が製品や投資を自己認証することを許容することで、この法案は機関の監視を妨げ、リソースの制約によりこれらの認証に対抗する能力を制限する可能性があります。これにより、暗号通貨市場の大部分が十分な規制監査なしに運営される状況が生じ、投資家や資本市場が予期せぬリスクにさらされる可能性があります。

SEC議長のFIT21法案への批判は、確立された規制前例を破壊し、投資家保護を犠牲にして暗号通貨企業に利益をもたらす抜け道を作り出す可能性があるという信念に基づいています。ゲンスラーの懸念は、法案が暗号通貨投資の自己認証を可能にし、取引プラットフォームを規制の定義から除外し、主要な枠組みを廃止することで、最終的に暗号通貨市場の投資家に重大なリスクをもたらす可能性がある点に焦点を当てています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: