暗号通貨広告が革新的なマーケティング環境をもたらす

By CoinDesk – 2024/05/22 22:10:10 (JST)

暗号通貨コミュニティはしばしば「広告」を否定的に捉えていますが、暗号通貨全体が広告と見なされる可能性があります。NFTミントリンクや分散型取引プロモーション、メームコインなど、暗号空間内のさまざまな要素が異なる形で広告として機能しています。Web2プラットフォームが最初は収益化に焦点を当てましたが、暗号業界はユーザー成長のためのチャネルを積極的に探求してきましたが、オンチェーン広告技術の開発は限定的でした。暗号スペースにおける広告の風景を革新するWeb3コンシューマーアプリの台頭が期待されています。Farcasterなどの分散型ソーシャルネットワークや統合ウォレットサービスが注目を集める中、オンチェーン広告の可能性が拡大しています。これらの広告は、ウォレットアプリ内でスポンサー付きのコール・トゥ・アクションを提供することを想定しており、よりコンテキストに即し、ネイティブで関連性の高いものとなるでしょう。ブロックチェーン技術を活用してアイデンティティと支払いを管理することで、インタラクティブな広告をユーザーエクスペリエンスにシームレスに統合し、パブリッシャーや広告主に新たな機会を提供します。Web3プラットフォームが進化するにつれ、ユーザープライバシーはWeb2のデータプラクティスと比較して大幅に向上すると予想されます。ウォレットを通じてオンラインアイデンティティをコントロールし、エアドロップやリベートなどのインセンティブを提供することで、広告エコシステムはよりユーザーセントリックなモデルに移行しています。統合ウォレットを備えたコンシューマーアプリが成長するにつれ、ユーザーの選好を尊重する持続可能な収益化戦略の必要性がますます重要となります。最終的に、オンチェーン広告の台頭は、Web3のマーケティングダイナミクスにおける変革的なシフトを象徴し、従来の広告モデルに挑戦し、ユーザーのエンパワーメントを強調しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: