プライバシーコミッショナーがWorldcoin財団に対し、香港での虹彩スキャン業務停止を命じる

By CoinDesk – 2024/05/22 23:50:10 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
香港プライバシーコミッショナーがWorldcoinに対し、香港の住民の虹彩と顔の画像収集を停止するよ

この記事と類似した記事の両方が同じ出来事について議論しています:香港の個人データ保護委員会が、データ保護原則の違反を理由にWorldcoin Foundationに虹彩スキャンとデータ収集の運用停止を命じたことです。両方の記事は、香港で8,000人以上の個人が顔と虹彩をスキャンされたことを確認のために受けたことを述べています。類似した記事では、香港のWorldcoinの6つの運用拠点で個人情報保護委員会が行った「ミステリーショッピング」の詳細が記載されていますが、この記事にはその記載がありません。しかし、この記事では、この出来事がWorldcoinのトークンWLDに与えた影響について追加情報が提供されており、WLDは1.2%下落して5.01ドルとなりました。これは類似した記事にはない新しい事実です。

香港個人データプライバシーコミッショナーは、Worldcoin財団に対し、データ保護原則の違反により虹彩スキャンおよびデータ収集業務を停止するよう命じました。調査の結果、香港で8,000人以上の個人が顔と虹彩をスキャンされたことが判明しました。この発展により、WorldcoinのトークンWLDは1.2%下落し、5.01ドルとなりました。

執行通知は、Worldcoinが一般市民の顔と虹彩画像をスキャンおよび収集するWorldcoinプロジェクトに関連するすべての業務を香港で停止するよう指示しています。プライバシーコミッショナーの行動は、虹彩生体認証暗号通貨プロジェクトに関するプライバシー上の懸念に基づいています。このプロジェクトは世界的に検証を受け、同様のプライバシー問題によりケニアでも中止されています。

プライバシーコミッショナーのWorldcoinの業務調査は、重大なプライバシー侵害が明らかになり、香港での業務停止を命じる執行通知が出されました。データ収集目的で虹彩スキャン装置を使用するこのプロジェクトは、データ保護原則に関する警告を引き起こし、個人のプライバシー権利を保護するための規制介入をもたらしました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: