米下院、画期的な暗号市場構造法案に関する投票に備え

By CoinDesk – 2024/05/23 03:30:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
ホワイトハウスが投資家保護の懸念を理由に、下院の暗号市場構造法案に反対
米国下院民主党、包括的な暗号通貨法案への支持を訴え

新しい記事と類似した記事は、アメリカ合衆国下院での「FIT21法」に関する投票について取り上げています。これらは、この法案がデジタル資産部門にもたらす可能性のある規制変更、ホワイトハウスや一部議員からの反対、そして法案が上院を通過する過程での不確実性について触れています。新しい記事は、パトリック・マクヘンリー議員が強い両党の賛成票を期待していることや、マキシン・ウォーターズ議員が法案を批判していることなど、いくつかの追加情報を提供していますが、これらは新事実や大きく異なる分析を構成するものではありません。したがって、新しい記事の内容は、類似した記事とほぼ同じです。

米下院は、FIT21として知られる「21世紀の金融革新とテクノロジー法」についての投票に備えており、デジタル資産の規制環境を再定義することを目指しています。この法案は、米商品先物取引委員会(CFTC)にデジタル商品に対するより多くの権限を与え、証券取引委員会(SEC)の新たな管轄境界を確立します。これにより、暗号企業やデジタル資産発行者が規制監督を受ける方法について明確化されます。

パトリック・マクヘンリー議員は、デジタル資産規制の勢いが高まっていることを示すために、法案を支持する強力な両党の投票を期待しています。法案は両党の支持を得て下院を通過する見通しですが、上院を通過する道は不透明です。ホワイトハウスは法案に反対を表明しましたが、ジョー・バイデン大統領は拒否権を行使するとは脅していません。この法律は、立法者や規制当局の間で大きな議論と関与を引き起こしています。

法案への反対意見は、下院金融サービス委員会内からも出ており、マキシン・ウォーターズ議員はこれを「目的に適さない法案」と批判しました。彼女は、法案が規制緩和の影響を及ぼし、投資家保護に対する影響を懸念しています。様々な団体や個人も法案に懸念を表明し、規制逃れや監督不足、金融業界全体への潜在的な損害などの問題を指摘しています。異なる意見がある中、支持者は、デジタル資産部門での革新と競争力を育むためには明確な規制が不可欠であると主張しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: