SEC議長ゲンスラー、米国の暗号通貨立法に関してホワイトハウスと対立

By CoinDesk – 2024/05/23 04:20:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
SEC議長ゲンスラー、FIT21法案をめぐる暗号通貨規制への懸念を表明
SECのゲンスラー議長、FIT21法案を批判 暗号通貨と資本市場の監督を弱体化

新しい記事と類似した記事はすべて同じトピックを取り上げています:SEC議長ゲーリー・ゲンスラーがFIT21法案を批判していることです。すべての記事は、ゲンスラーがSECが既存の法律の下で十分な権限を持っているとの信念と、FIT21法案が投資家保護を損なう可能性についての懸念を強調しています。類似した記事の両方とも、デジタル商品の自己認証の規定や投資家保護への潜在的な負の影響についてゲンスラーの懸念を述べています。新しい記事には、類似した記事で既に取り上げられている新しい事実や数字は提供されていません。したがって、新しい記事の内容は基本的に類似した記事と同じです。

ホワイトハウスは、投資家を保護するための暗号通貨法案の開発に強い関心を示しており、SEC議長ゲリー・ゲンスラーは、既存の法律の下でSECが十分な権限を持っているとの強い立場をFIT21法案に対して表明しています。ゲンスラーは、暗号企業が法令遵守や詐欺行為を怠ってきた歴史を批判し、業界の失敗は明確な規則の不足ではなく、プレーヤーが規制を無視していることに起因していると主張しています。

FIT21法案への対応として、フレンチ・ヒル議員とCFTCは、暗号市場の監督におけるギャップを埋めるための規制措置を提唱し、包括的な枠組みの必要性を強調しています。消費者保護団体は、急速に変化する暗号風景において投資家を保護する重要性を強調し、ゲンスラーの立場を支持しています。政府内での相反する意見は、デジタル資産の規制の複雑さと監督に対する統一的アプローチの必要性を浮き彫りにしています。

SECとCFTCの間の法律の必要性に関する相違は、暗号市場における規制のギャップを埋めるために議会が行動を起こすことを求めるCFTCの立場と対照的です。継続する論争は、ビットコインなどの資産に対する規制の定義と、議会や裁判所が将来の監督を形作る過程での役割の進化における課題を浮き彫りにしています。異なる意見にもかかわらず、FIT21法案は、デジタル資産の規制環境を形作る上で重要な立法として浮上しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: