ファントムコミュニティがソニックチェーンの提案を承認、FTMとSトークンの1:1交換をサポート

By PANews – 2024/05/23 10:13:57 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ファントムコミュニティがFTMからSへの移行のためのソニックネットワークガバナンスを提案

この記事と類似した記事を比較すると、主要なポイントが同じであることが明らかです。両方の記事は、ファントムコミュニティがソニックチェーン提案を承認し、FTMとSトークンの1:1の交換比率、そしてソニックをイーサリアムや他のチェーンにブリッジする計画について議論しています。財務省からFTMを割り当ててソニックのエコシステム開発を支援することも両方の記事で言及されています。ただし、この記事では提案への99%の支持率、ファントムオペレーションズ社によるオペラバリデーターへの継続的な支援、およびソニックをバックアップするためにソニックオペレーションズ社を設立したことなど、追加の詳細が提供されています。また、ソニックネットワークのための様々なガバナンス提案の開始についても言及されており、これは類似した記事では取り上げられていません。したがって、全体的なテーマは同じですが、この記事は新しい事実とより詳細な情報を提供しています。

ファントム財団のコミュニティは、99%の支持率で、今後のソニックチェーンの最初の提案を承認しました。新しいチェーンでは、FTMと新しいトークンSの間で1:1の交換比率が提供されます。ソニックは、現行のオペラネットワークに比べて、ユーザーやDApp開発者のパフォーマンスを向上させることを目指し、Ethereumや他のチェーンにネイティブL2クロスチェーン機能を介してブリッジされる新しいL1チェーンとして機能します。ファントムオペレーションズ株式会社はオペラのバリデータを引き続きサポートし、ソニックオペレーションズ株式会社はソニックを支援します。

移行を容易にするため、FTM保有者は、ソニックのジェネシス時に1:1の比率でソニックのネイティブトークンSに移行できるようになります。ファントム財団は、マーケティング、ビジネス開発、移行助成金などの分野をカバーするために、財務から数十億のFTMをソニックのエコシステム開発を支援するために割り当てる予定です。コミュニティメンバーは、FTMからSへの互換性、Sトークンのエアドロップ計画、ソニックの成長戦略、およびバリデータ報酬を含む、ソニックネットワークのさまざまなガバナンス提案を立ち上げました。これらの提案された変更とイニシアチブに対するフィードバックは、現在、ガバナンスフォーラムを通じて求められています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: