ブロックチェーンのスケーリングにおけるLayer2とExecution Shardingの類似性を探る

By PANews – 2024/05/23 14:06:09 (JST)

Vitalik Buterin氏、Ethereumの共同創設者が最近公開した「Layer2とExecution Shardingの違い」に関する記事では、一般的な認識とは異なり、「Layer2」と「sharding」の基盤技術は本質的に同じであることが強調されています。この違いは、これらのコンポーネントを管理および更新する責任者と、それらが持つ自律性のレベルにあります。EthereumなどのLayer2エコシステムは、shardingの形態として機能しますが、独自のルールに基づいて独自のシャードを作成できるため、創造性と革新を促進しますが、調整の課題に直面しています。

Vitalik氏は、EthereumのLayer2中心のエコシステムにおける課題を特定しました。これには、Layer2ソリューション間でトークンを移動する際の中央集権的なブリッジプラットフォームの複雑さ、クロスチェーンスマートコントラクトウォレットの不十分なサポート、およびこれらの領域の改善が含まれます。ERC-7683標準などの取り組みにより、クロスチェーントークン取引のための分散オプションが提供されているなど、これらの課題に対処する取り組みが進行中です。ウォレットは、キーの更新と集約のためのクロスチェーン再生可能メッセージなどの手法を採用し、StarknetのBeerusなどのL2軽量クライアントのようなユーザーエクスペリエンスの進化は、ネットワークの手動切り替えなしでdappsへのアクセスを向上させることを目指しています。

Vitalik氏の記事は、ブロックチェーンのスケーリングにおけるLayer2とsharding技術の類似性を明らかにし、EthereumなどのLayer2エコシステム内での調整課題に取り組む重要性を強調しています。クロスチェーントークン取引、スマートコントラクトウォレットのサポート、および分散標準や軽量クライアントなどの革新を通じたユーザーエクスペリエンスの改善に取り組むことで、Layer2ソリューションの機能性とアクセシビリティを最適化するための取り組みが進行中です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: