FIT21法案可決:暗号通貨規制に対する賛否両論

By CoinDesk – 2024/05/24 05:20:08 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
米下院、暗号通貨法案FIT21を可決
FIT21法案が両党の支持を受けて可決、暗号市場の規制を前進させる

新しい記事と類似した記事は、下院によるFIT21法案の可決、暗号通貨規制への影響、およびそれが受けた対立する反応について議論しています。新しい記事では、法律専門家のGabriel ShapiroとStephen Palley、Maxine Waters、SEC議長Gary Genslerの懸念が述べられており、この法案がCFTCに過度な権限を与え、規制上の混乱を引き起こす可能性について言及されています。類似した記事もこれらの懸念について議論しており、投票の内訳や提案された修正案についても取り上げています。新しい記事は具体的な投票内訳を提供せず、修正案について詳細には言及していませんが、類似した記事と大きく異なる事実や分析を紹介していないため、新しい記事と類似した記事は同じ内容をカバーしていると見なすことができます。

FIT21法案が可決され、米国における暗号通貨法制における重要な一歩となりました。この法案は、デジタル資産の規制枠組みを確立し、商品先物取引委員会(CFTC)の監督を強化する可能性があります。一方、証券取引委員会(SEC)は規制において重要な役割を維持します。ただし、ガブリエル・シャピロやスティーブン・パリーなどの法律専門家らは、この法案がCFTCに過度の権限を与え、自由な市場に干渉する恐れがあると指摘しています。

マキシン・ウォーターズやSEC委員長のゲイリー・ゲンスラーを含む一部の専門家は、FIT21について懸念を表明し、CFTCの資源への負担や規制上の混乱を指摘しています。ウォーターズは、暗号通貨の規制に関するCFTCへの権限が不十分であるとして、この法案を批判しました。一方、ゲンスラーは、この法案が規制上のギャップを生み出す可能性があり、暗号通貨に特別な規則を設けずに明確で一貫した法律が必要であると強調しています。

FIT21法案は、暗号通貨業界にとって象徴的な勝利と見なされており、そのバイパーソン支持が肯定的に受け止められています。しかし、批評家たちはその影響に懐疑的な姿勢を示しています。この法案の行方は不透明であり、一部の専門家は現行議会での成立が困難であると予測しています。FIT21の可決は、米国における暗号通貨規制に関する議論と課題が継続していることを反映しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: