英国系中国人ジャン・ウェン、60億ドル詐欺で6年の刑を言い渡され

By CoinDesk – 2024/05/25 00:50:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
英国の最大のビットコインマネーロンダリング事件で英中混血のジャン・ウェンが判決を受ける

この記事と類似した記事を比較すると、主な事実は一貫しています。両方の記事は、英国出身の中国人女性であるジャン・ウェンが中国で60億ドルの詐欺に関与したことについて報じています。ビットコインの洗浄における彼女の役割、被害を受けた投資家の数、英国警察によって差し押さえられたビットコインの金額についての詳細も同じです。類似した記事には、この記事で既に言及されていない新しい情報や数字は提供されていません。したがって、この記事と類似した記事の内容は基本的に同じであると結論付けることができます。

英国系中国人のジャン・ウェンは、中国での60億ドル詐欺に関与した罪で6年8か月の懲役刑を言い渡されました。元上司のZhimin Qianの代わりにビットコインを洗浄したことが認められ、130,000人の中国投資家をだまし取ったとされるQianの事件に関与していたと認定されました。

ウェンは詐欺自体への関与ではなく、ビットコインを現金に換え、高級品を購入することで収益を洗浄したとされています。起訴内容を否認し、資金の出所を知らなかったと主張しましたが、裁判官は犯罪収益を扱っていたことを認識していたと述べました。この犯罪は洗練され、重要な計画が関与していたとされています。

イギリス警察は2018年の作戦で、この詐欺に関連するビットコイン約220億ドル相当を押収しました。ウェンの弁護士は彼女の無実を主張し、彼女がだまされ利用されたと述べました。この事件は、暗号通貨を巡る金融犯罪の複雑さと、マネーロンダリング計画に関与した者たちに対する法的な結果を浮き彫りにしています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: