SEC承認がスポットイーサETFの展開を促進

By Blockworks – 2024/05/25 03:04:38 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
SECがスポットイーサETFの上場を承認、最終承認に不透明感が漂う
SECのスポットイーサーETF承認と暗号市場への影響

新しい記事では、SECがスポットイーサーETFの規則変更を最近承認したことが取り上げられており、これは主要ファンドグループによるETFの立ち上げにつながる可能性がある重要な展開です。また、ETFの立ち上げに先立ち、S-1として知られる登録声明に関する追加のSECの承認が必要であると述べています。同様の記事も同じトピックについて取り上げており、最初の類似記事では、スポットイーサーETFの19b-4フォームの承認とS-1フォームの保留中の承認が言及されています。2番目の類似記事では、SECがスポットイーサーETFの承認に関する見通しとその決定の影響について議論しています。新しい記事は、承認プロセスの潜在的なタイムラインやSECのイーサーの商品としての分類に対する姿勢を含む、より詳細な分析を提供していますが、核心情報は同じです。したがって、新しい記事には、類似記事で既に取り上げられていた新しい事実や数字は含まれていないようです。

証券取引委員会(SEC)は先ごろ、スポット・エーテルの上場投信(ETF)のルール変更を承認した。これは、VanEck、BlackRock、Grayscaleといった大手ファンド・グループによるETFのローンチにつながる重要な進展である。この決定は、その1週間前にSECがこのような商品に反対する裁定を下したことを多くの人が予想していた後に下された。この承認により、エーテルがコモディティに分類されることが明確になった。しかし、19b-4の承認は重要な一歩ではあるが、ETFを発売するには、SECのさらなる承認、特にS-1として知られる登録届出書がまだ必要である。

S-1の承認プロセスには、SECとファンド発行者との間でやりとりがあり、完了までには数週間から数ヶ月かかると予想されている。ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、ジェームス・セイファート氏は、承認プロセスには2週間から数カ月かかると見積もっており、前例のない事態であることを強調している。S-1の審査を担当するSECのDivision of Corporation Financeは、エーテルETFの提案に対するスタンスをまだ明確にしておらず、発売される可能性のあるスケジュールをめぐる不確実性を高めている。SECの最近の行動は、SECが未取得のETHを証券と見るか商品と見るかについての議論を呼び起こし、承認命令は商品を商品ベースの信託株式として登録した。

スポット・エーテルETFの承認にもかかわらず、規制の明確性やデジタル資産に対するSECのアプローチには疑問が残る。ConsensysやCoinbaseのような企業は、明確な規制ガイダンスを求め、暗号通貨に対するSECの場当たり的なアプローチに異議を唱え続けている。今回の承認命令は、ETHをコモディティとして認め、ETHは証券ではないという2018年のSECの立場と一致するものと見られている。この動きは、分散化がトークンを米国証券法体制の外に置くことを意味し、暗号業界にとって重要な進展である。SECがデジタル資産の進化する状況をナビゲートする中、市場参加者は、承認プロセスのさらなる進展とスポット・エーテルETFの発売の可能性を待ち望んでいる。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: