MetaLeXが暗号ガバナンスアドバイザリーサービスのために275万ドルのシード資金調達

By CoinDesk – 2024/05/25 12:10:06 (JST)

暗号ガバナンスアドバイザリーファームMetaLeXは、暗号弁護士ガブリエル・シャピロ率いるチームがCyber Fundから275万ドルのシード資金を獲得し、評価額を2750万ドルに引き上げました。MetaLeXは、暗号プロジェクトが分散化を達成する際に直面する課題に焦点を当て、分散型自治組織(DAOs)が効果的にオンチェーンで運営するための標準化されたスマートコントラクトベースのソリューションを提供しています。同社の革新的なアプローチは、スマートコントラクトによって強制されるルールによって統治されるサイバネティック組織、またはBORGsの創設を含んでいます。

MetaLeXの主力製品であるDAO向けのオペレーティングシステムは、グラントメイキング、緊急シャットダウン、およびエンティティの代表としてのベンチャー投資を容易にすることで、統治プロセスを効率化することを目指しています。同社は、統治構造を強化したいと考えている暗号プロジェクトから大きな関心を集めており、著名なクライアントが自社の運営にBORG原則を完全に統合したいと表明しています。ただし、既存のプロジェクトをBORGモデルに移行することは、特に確立されたトークンや統治メカニズムを持つプロジェクトにとって課題を提起する可能性があります。

MetaLeX自体はBORGやDAOではありませんが、テキサス州に拠点を置く法律事務所を率いるシャピロとゴルビツキーがサービスを提供するテックカンパニーと法律事務所を包括する総称ブランドとして運営しています。MetaLeXは、将来的には自社のトークンを開発し、顧客による統治が必要となる法的プロトコルに進化することを想定していますが、この移行は徐々に進むと予想されています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: