FIT21の暗黙の結果:暗号市場構造法

By CoinDesk – 2024/05/26 03:50:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
FIT21法案可決:暗号通貨規制に対する賛否両論
FIT21:米国におけるデジタル資産規制の画期的な一歩

新しい記事は、FIT21法の潜在的な予期せぬ影響について論じており、暗号市場が「制限されたデジタル資産」と「デジタルコモディティ」に分かれることに焦点を当てています。これにより市場の分断、コンプライアンスの複雑さ、革新への障害などが引き起こされる可能性が強調されています。同様の記事もFIT21法について取り上げていますが、その焦点は法案の成立、それに対する反応、および潜在的な影響により置かれています。これらの記事は法案に関する懸念を一部触れていますが、新しい記事のように市場の分岐とその潜在的な影響について具体的に掘り下げているわけではありません。したがって、全体的なトピックは同じでも、新しい記事は異なる視点を提供し、同様の記事でカバーされていない追加情報を提供しています。

FIT21による米国暗号産業への規制の明確化を目指す下院で可決された金融革新技術法(FIT21)は、暗号トークンの二分された市場を作成することで予期せぬ結果につながる可能性があります。これにより、「制限付きデジタル資産」と「デジタル商品」を区別し、暗号トークンのグローバルで交換可能な性質に起因する市場の分断とコンプライアンスの複雑さが生じます。

FIT21は、分散レベルに基づいて商品先物取引委員会(CFTC)と証券取引委員会(SEC)の間で監督を分割することにより、スポット暗号市場を規制しようとしています。この法案は、同じトークンに対して制限付きおよび非制限付きデジタル資産の別々の市場での同時取引を可能にし、米国内で分断された取引環境につながる可能性があります。これは流動性を妨げ、取引を複雑化し、暗号産業のイノベーションを阻害する可能性があります。

法案による市場構造の提案は、暗号トークンに対する技術的な変更を必要とし、プロジェクトの有用性と価値を低下させる「アメリカ専用」の市場を作成する可能性があります。さらに、暗号トークン市場の国際的性質は、規制的な裁定取引を引き起こし、米国の暗号産業の競争力を阻害する可能性があります。立法者は、顧客を保護し、米国のデジタル資産市場の円滑な機能を促進するために、FIT21を改良して、交換可能な暗号トークンのスポット市場を統一し、一貫した規制枠組みを確立する必要があります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: