ファントム財団、新たなソニックチェーン向けにソニック財団とラボを設立

By CoinDesk – 2024/05/27 01:30:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ファントム財団、新設チェーン「ソニック」のためにソニック財団を設立
ファントムコミュニティがソニックチェーンの提案を承認、FTMとSトークンの1:1交換をサポート

新しい記事と類似した記事は、ファントム財団によるSonic FoundationとSonic Labsの設立、Sonicチェーンの立ち上げ、新しいトークン$Sの導入について取り上げています。また、Hashedが主導する1,000万ドルの資金調達ラウンドも言及されています。しかし、新しい記事では、Sonic Labsが分散型アプリケーションとコミュニティ開発に焦点を当てる役割や、イーサリアムからの独立した資金引き出しについての追加情報が提供されています。また、Sonicチェーンにブリッジされた資産の証明の生成についても言及されています。これらの詳細は類似した記事には含まれていません。したがって、全体的なテーマは同じですが、新しい記事は類似した記事にはカバーされていない新しい事実と洞察を提供しています。

ファントム財団は、新しいレイヤー1ブロックチェーンであるソニックをサポートするために、ソニック財団とソニックラボを設立しました。ソニックは、イーサリアムと接続するレイヤー2ブリッジを備えた新しいブロックチェーンで、スピードとセキュリティを向上させることを目指しています。ソニックチェーンにブリッジされた資産の証明を生成し、イーサリアムから独立して資金を引き出すことが可能です。ファントムは、優れた機能により、ユーザーと開発者が徐々にソニックに移行すると予想しています。

ソニック財団は、ソニックのガバナンスと財務を監督し、ソニックラボは分散型アプリケーションとコミュニティ開発に焦点を当てます。今年後半にソニックがローンチされると、独自のトークンである$Sが導入され、既存の$FTMトークンと互換性があります。ファントムは、ソニックの成長と製品開発を支援するために、Hashedをリードとする1,000万ドルの資金調達を最近行いました。

ソニック財団とソニックラボは、ソニックチェーンが稼働すると同時に活動を開始します。ファントムは、投資家に感謝の意を表し、ソニックのビジョンを支持し、スムーズなリブランディングプロセスを確保するためのチームの努力に感謝しています。財団は、プロトコルの進化において効果的で透明性があり、コミュニティに忠実であることを約束しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: