SEC委員ヘスター・ピアース、バランスの取れた暗号通貨規制を提唱

By CoinDesk – 2024/05/28 22:30:06 (JST)

SEC委員ヘスター・ピアースは、「クリプト・マム」として知られ、暗号通貨やブロックチェーン技術の熱心な支持者であり、しばしばSEC議長ゲーリー・ゲンスラーとの意見の相違がある。ピアースは共和党員であり、商業における政府の介入を限定すべきだと考えている一方、民主党に関連するゲンスラーは暗号通貨に対する考え方が変化してきている。ピアースは個々の自由な意思決定を強調し、SECがスポットETH ETFをブロックしたり、CoinbaseやKrakenなどの米国取引所を監督するなどの規制措置に影響を与えている。

ピアースの視点は、SECの従来のトークンや暗号通貨に関連する事項へのアプローチに挑戦し、業界に対するより微妙な理解を提唱している。何かが証券として認定されるかどうかを決定する際に、資産自体とそれに関連する投資契約との区別の重要性を強調している。SEC内でのピアースの異議申し立ては、経済的イノベーションの促進と急速に変化する暗号通貨の風景における規制の明確化を確保するという彼女のコミットメントを反映している。

SECや広範な法的分野での意見の相違に直面しても、ピアースは暗号通貨空間における経済的自由とイノベーションを支持し続けている。彼女の独自の視点とバランスの取れた規制アプローチへの支持は、SEC内での従来の見解に挑戦し、業界の複雑さに対するより微妙な理解を提唱することで、暗号通貨規制の未来を形作る上で重要な存在となっている。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: