GaiaNetが分散型AIプロジェクトのために1,000万ドルのシード資金調達

By PANews – 2024/05/28 23:23:30 (JST)

GaiaNetは、分散型AIツールの構築を目指すために1,000万ドルのシード資金調達に成功しました。EVM Capital、Mirana Ventures、Mantle EcoFund、Generative Ventures、Republic Capitalからの投資を受け、STEM学生向けの教育ツール開発や分散台帳技術の活用に資金を充てる予定です。GaiaNetのCEOであるMatt Wrightは、AIの境界を再定義し、アクセシビリティ、協力、プライバシー保護を向上させることを強調しました。

新たに調達した資金により、GaiaNetはコンピュータサイエンスやSTEM分野を学ぶ大学生向けにカスタマイズされたAIチャットボット「教育アシスタント」を導入することが可能となります。この取り組みは、カリフォルニア大学バークレー校との提携の一環であり、チャットボットの開発を行います。さらに、GaiaNetは個人や企業がコントロールする分散エッジノードネットワークを拡大し、AIモデルをホストする計画です。この戦略により、GaiaNetは既存の大手テック企業が開発したAIツールよりも安全かつプライベートなものを提供することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: