ビットコインはMt Goxの不確実性に直面、イーサはETF流入を待つ: 市場動向とメームコインに注目

By The Block – 2024/05/31 01:30:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
米国インフレデータと潜在的なイーサリアムETFの立ち上げを前にした暗号通貨

新しい記事と類似した記事の両方が、スポットイーサーETFの開始と、潜在的なMt. Goxの支払いによるビットコインの不確実性についての潜在的な影響について議論しています。ただし、新しい記事は、ドージコイン、シバイヌ、ペペなどのメームコインにトレーダーの関心が移り、PolitiFiトークンの大幅な利益に言及するなど、類似した記事には見られない追加情報を提供しています。また、ビットコインの不確実性によるイーサーへの潜在的な利益についても言及しており、これは類似した記事では議論されていません。したがって、重複するテーマはあるものの、新しい記事は類似した記事とは異なる新しい事実と分析を提供しています。

ビットコインの価格は、10月までに市場に影響を与える可能性のあるMt. Goxの支払いにより不確実性に直面する可能性があり、これにより供給が混乱する可能性があります。これは、QCP Capitalのアナリストが指摘しています。この不確実性は、イーサのスポットETH ETFの開始により、イーサに利益をもたらす可能性があり、トレーダーが割引でイーサを積み立てることを魅力的にします。Bitfinexのアナリストも、Mt. Goxの債権者支払いからの潜在的な供給不安に懸念を表明し、債権者が迅速に保有資産を清算する場合、ビットコイン価格が急落する可能性があり、さらなる売りが引き起こされると警告しています。

市場がスポットイーサ取引所売買ファンドの開始を待つ中、トレーダーの関心は、ダージコイン、シバイヌ、ペペなどのメームコインに移っており、これらは二桁の利益を上げ、人気を博しています。政治家の名前にちなんだメームコインのカテゴリであるPolitiFiトークンは、大幅な利益を上げており、トップ3のトークンがカテゴリ全体の大部分の時価総額を占めています。メームコインの急上昇にもかかわらず、全体的な暗号通貨市場の時価総額はわずかに増加し、ビットコインとイーサはほぼ横ばいで取引されています。

メームコインや一部の暗号通貨が変動や利益を経験する中、ビットコインやイーサなどの主要な暗号通貨は狭い取引レンジを維持しています。上位30の暗号通貨を代表するGM 30指数はわずかに増加し、市場全体の安定を反映しています。市場の動向やイーサのスポットETFの開始などの今後の展開の中で、トレーダーはビットコインの価格へのMt. Goxの支払いの潜在的な影響やイーサを割引で積み立てる機会について注意を払っています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: