日本の暗号通貨取引所DMM Bitcoin、3億500万ドル相当のビットコイン盗難を報告

By Blockworks – 2024/05/31 23:42:24 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
日本の仮想通貨取引所DMM Bitcoin、305億円のハッキング被害
DMM Bitcoin、3億ドル相当のBitcoinが盗まれた後、制限を実施

新しい記事と類似した記事は、DMM Bitcoinでの盗難事件について報じており、盗まれた金額は4,502.9 BTCで、これは305.1百万ドルに相当します。全ての記事が、盗難に対する取引所の対応について言及しており、これには一部のサービスの停止や、顧客の預金がグループ企業の支援を受けて同等のBTCで完全に保証されることが含まれています。類似した記事でも、サービスの停止や盗まれたBTCの補充計画が言及されています。したがって、新しい記事で報告されている主な事実と対応は、既に類似した記事で網羅されています。

日本の暗号通貨取引所DMM Bitcoinは、「不正なリーク」により3億ドル以上相当のビットコインが盗まれたと報告しました。盗まれた金額は4,502.9 BTCで、現在の市場価格に基づくと3億5,100万ドルに相当します。取引所は顧客のビットコイン預金がグループ企業の支援を受けて同等のBTCを調達することで完全に保証されると述べましたが、この行動の具体的なスケジュールは提供されていませんでした。

盗難は東京時間の午後1時26分に発生し、DMM Bitcoinは暗号通貨の引き出し、スポット市場取引、新しいレバレッジ取引ポジションを停止しました。取引所は新規口座開設の審査プロセスを言及し、円建ての引き出しに遅延が生じる可能性があると警告しました。サービスは停止されたままで、DMM Bitcoinは詳細を含む別の発表を予定しています。この事件は、2018年のCoincheckの5億3,000万ドル相当の盗難や2014年の有名なMt Goxの崩壊を上回る可能性がある、最大級の暗号通貨取引所攻撃の一つを示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: