香港の議員デニス・郭氏、仮想資産市場の発展とライセンス制度に関する懸念を表明

By PANews – 2024/06/01 17:52:10 (JST)

香港の議員デニス・郭氏は、香港の仮想資産市場におけるライセンス申請の撤回や拒否に懸念を表明しました。Coinbaseなどの主要取引所が初期のライセンス条件により申請しなかったことで、GateやHuobiなどの名だたる取引所が撤退しました。5月までに、OKXを含む6つの運営者が撤回し、業界経験の乏しい小規模な応募者やWeb3に馴染みのない伝統的金融機関が残りました。

郭氏は、香港の仮想資産市場の発展に関する問題点を指摘し、断片化した政策や措置、厳格な承認条件、規制機関内での革新的思考の不足を挙げました。SFCの資産保管、リスク管理、マネーロンダリング防止に関する要件は、Web3ファイナンスに対して伝統的すぎると見られています。業界関係者は、当局がWeb3ビジネスを運営する実務経験や将来志向のビジョンを欠いており、効果的なコミュニケーションや革新を妨げていると考えています。

最近のライセンス制度からの撤退は、香港のWeb3開発への取り組みに疑念を抱かせました。郭氏は、これらの懸念に対処し、市場信頼を回復するためにSFCが行動を起こすことを望んでおり、仮想資産市場における金融技術革新を推進するために包括的な戦略的検討、柔軟な規制アプローチ、より革新的なマインドセットが必要だと強調しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: