香港SFC、仮想資産取引プラットフォームのリストを更新、11プラットフォームが未許可と特定

By PANews – 2024/06/01 17:56:43 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
香港政府、仮想資産プラットフォームの承認を加速
香港SFC、仮想資産取引プラットフォームのコンプライアンス締め切りを設定

新しい記事は、香港SFCが更新した仮想通貨取引プラットフォームのリストに関する具体的な情報を提供し、11のプラットフォームがライセンスを取得していないとし、6つのプラットフォームがライセンスを取得していないことを特定しています。これには、ライセンスを取得していないプラットフォームの具体的な名前が含まれています。同様の記事は、香港での仮想通貨取引プラットフォームのライセンスに関する同じトピックを取り上げていますが、これらの具体的な詳細を提供していません。最初の類似記事は、香港政府が仮想通貨プラットフォームの承認を迅速化していることについて述べていますが、ライセンスを取得していない具体的なプラットフォームについて言及していません。2番目の類似記事は、コンプライアンスの締め切りについて議論していますが、新しい記事にある具体的な詳細を提供していません。したがって、新しい記事には類似記事にはない新しい事実が含まれています。

香港SFC、仮想資産取引プラットフォームのリストを更新、11プラットフォームが未許可と特定。17申請者のうち6プラットフォームが未許可であり、BGE、HKVAX、VDX、bitV、HKX、bitcoinworldを含む。未許可プラットフォームは要件を満たさず、無許可運営は犯罪行為であると警告。今年6月1日から、香港の仮想資産取引プラットフォームは全て規則に基づき許可されるか、許可された申請者として特定される必要あり。規制順守が重要であり、違法行為には適切な措置が取られる。許可プラットフォームの方針やシステムが公式に認められるまで、新規顧客とのビジネス関係を積極的に構築することは期待されない。香港で合法的に運営するためには、規制順守が不可欠。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: