NVIDIAのブラックウェルチップ生産開始、次世代AIプラットフォームRubinは2026年リリース予定

By PANews – 2024/06/03 08:30:33 (JST)

NVIDIAはブラックウェルチップの生産を開始し、2025年にブラックウェルウルトラAIチップを発売し、2026年に”Rubin”AIプラットフォームを導入する計画です。CEOのHuang Renxunは、これらの進展を2024年の台北国際コンピュータショーで発表し、今後のプラットフォームでHBM4メモリチップを活用することを強調しました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

Share on: