ビットコインベースのミームコインDOGGがRunesプロトコルで10億ドルの時価総額に向けて急上昇: ミームコイン活動の中での上昇

By CoinDesk – 2024/06/05 00:00:07 (JST)

ビットコインのRunesプロトコルで作成されたミームコインDOG•GO•TO•THE•MOON(DOG)が、過去30日間で200%の急上昇を見せ、時価総額が10億ドルに迫っています。DOGはビットコインの遅いブロックチェーン上にありながら、ビットコイン内で最大のミームコインとなり、全体の仮想通貨市場で7番目に大きな市場シェアを持つようになりました。この上昇は、SHIB、PEPE、FLOKIなどのコインも今年、大きな市場シェアの成長を経験しているミームコイン活動の一環です。

SolanaやBaseなどの高速ブロックチェーン上で動作する他の多くのミームコインとは異なり、DOGはRunesをビットコインのレイヤー2ネットワークとして確立するのに貢献し、取引をより安価で迅速にすることを目指しています。Runesは、ビットコインベースの小さな取引にデータを埋め込むことで、Ordinalsプロトコルに代わる選択肢を提供しています。DOGは、過去24時間で約1億ドルに迫る取引高を集め、ビットコインベースのミームコインが他のチェーン上の相当するものと同様の成功を収められるかどうかについてトレーダーが憶測しています。

DOGのようなミームコインは、固有の有用性ではなくソーシャルメディアの感情に基づいて高いボラティリティを持つことで知られています。DOGは最近の急上昇と市場シェアの成長にもかかわらず、ローンチ後3週間で価値が60%以上下落するという大きな打撃を受けました。これはミームコインの憶測的な性質を示し、価格変動においてソーシャルメディアの影響力の重要性を強調しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: