ビットコインを変革する分散型ファイナンス

By CoinDesk – 2024/06/06 01:50:06 (JST)

ビットコインは、時価総額が1.3兆ドルを超える通貨と決済システムとして創設されました。イーサリアムや他のブロックチェーンがスマートコントラクトやDeFiなどの高度な機能を提供してきた一方で、ビットコインはこの点で限られていました。しかし、ビットコインのブロックチェーン上にビットコイン・レイヤー、メタプロトコル、その他の技術が登場することで、この状況が変わる見込みです。これらの革新は、迅速な支払いや貸付、分散型取引所など、さまざまな用途を可能にし、ビットコインの生産性を向上させるでしょう。

ビットコインベースのDeFiシステムの価値創造ポテンシャルは、ビットコインブロックチェーン上のトークン化資産への需要の増加に支えられています。ビットコイン上の非代替トークン市場は著しい成長を遂げ、Ordinalsの価値は15億ドルを超えました。将来の機会は、ビットコイン上の代替トークンにあり、これらは利回りを生む手段や分散型金融システムを通じてビットコインの生産性を高めることができます。BRC20やRunesなどの最近のリリースにもかかわらず、ビットコイン上の堅牢なDeFiエコシステムには追加の機能が必要です。

ビットコインDeFiエコシステムでは、開発者活動が増加し、総ロックアップ価値(TVL)が成長しており、今後数年でビットコインDeFiエコシステム内で1兆ドル以上の価値が創出される可能性が示唆されています。ビットコインのオープンソース開発者の40%がビットコインL2やスケーリングソリューションに焦点を当て、TVLが1四半期で6倍以上に成長したことから、将来の成長が期待されています。ただし、ビットコインを含むデジタル資産への投資には、技術、セキュリティ、規制の不確実性、市場の変動リスクなどが伴うため、慎重な検討と金融専門家との相談が必要です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: