米SEC委員長ゲンスラーの新しいETH ETF承認に対する姿勢

By CoinDesk – 2024/06/06 02:20:06 (JST)

米SEC委員長ゲリー・ゲンスラーは、ビットコインのスポットETFの承認に続き、イーサリアムのイーサ(ETH)向け新しい上場投資信託(ETF)の承認を示唆しました。初期の懸念にもかかわらず、ゲンスラー氏は承認プロセスに無頓着な様子を見せ、ETHに関連する基礎となる上場投資商品(ETP)における開示の必要性を強調しました。SECのアプローチは、法的解釈と裁判所の判決と一致し、BTCに類似したETH ETFの潜在的な承認を示しています。

ゲンスラー氏のETH ETF申請に関するコメントには、最終承認の明確なタイムラインが欠けており、期待されるのは今後数か月以内に登場するという見方です。ETFへのオープンさと並行して、ゲンスラー氏は、トークンや取引所に関連するリスクを強調し、暗号資産業界の公開開示の不足について再確認しました。サトシ・ナカモトのビットコインの白書の革新的な側面を認めつつも、ゲンスラー氏は暗号資産業界の中央集権的性質を批判し、法律で義務付けられた投資家保護の重要性を強調しました。

ゲンスラー氏のETH ETFに対する姿勢は、慎重かつ潜在的に好意的なアプローチを反映しており、暗号資産業界における法的要件への遵守と透明性の必要性を強調しています。承認タイムラインに関する継続的な不確実性にもかかわらず、ゲンスラー氏の発言は、SECの規制監督と投資家保護へのコミットメントを裏付けています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: