BTCが71,000ドルを超え、米国スポットビットコインETFが記録的な流入を記録

By Blockworks – 2024/06/06 02:05:28 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Bitcoinが3月以来のETF流入最高日を記録した後、71,000ドルを超える
Bitcoinが$71Kに達し、BTC ETFが$880Mの流入を記録、3月以来の最高日

新しい記事と類似した記事はすべて、アメリカの現物ビットコインETFへの大幅な流入増によって、ビットコインの価格が71000ドルを超える急上昇について取り上げています。すべての記事で、総流入額が8億8700万ドルまたは8億8000万ドルと報じられており、これは3月以来の最高額です。フィデリティのWise Origin Bitcoin FundとブラックロックのiShares Bitcoin Trustが、すべての記事でトップパフォーマーとして取り上げられています。新しい記事と類似した記事は、ビットコインへの再びの関心とポジティブな市場センチメントについても取り上げています。ただし、新しい記事には類似した記事にはない追加情報が記載されています。ギャラクシーデジタルのCEOであるマイク・ノボグラッツがビットコインが年末までに10万ドルに達すると予測し、最近の規制の動向やバイデン大統領が合同決議109を拒否した影響についても議論しています。したがって、類似した記事との類似性は高いですが、新しい記事には類似した記事に含まれていない新しい事実や分析が含まれています。

米国のスポットビットコイン上場投資信託(ETF)は、火曜日に総額8億8700万ドルの資金流入を記録し、3月以来の最高額となりました。この資金の急増により、ビットコインの価格が前週比4.6%上昇し、71,000ドルを超えました。ETFの中で、Fidelity Wise Origin Bitcoin Fundが3億7900万ドルを集め、その日の総流入額の約43%を占めました。これに続いて、BlackRockのiShares Bitcoin Trustが新たに2億7400万ドルを受け取りました。

米国のスポットBTCファンドへの再び高まる関心は、金利の上昇期待や地政学的な不確実性など、さまざまなマクロ経済要因による資金流出期間に続いています。業界の専門家は、機関投資家がこれらの製品に対する専門的な調査を増やし、これらを投資ポートフォリオに組み込んでおり、今後のETF資金流入がビットコインの価格を夏に向けて新たな高値に押し上げる可能性があると予想しています。米国上院や下院の措置を含む最近の規制上の進展が、暗号資産への需要再燃の鍵と見なされています。

Galaxy DigitalのCEOであるMike Novogratzは、ビットコインの将来に楽観的であり、暗号通貨が年末までに10万ドルに達する可能性があると予測しています。ノボグラッツ氏は、最近のバイデン大統領による合同決議109の拒否にもかかわらず、ワシントンでの暗号通貨立法の議論の好調さを強調しました。規制の透明性と好ましいマクロ経済状況によって促される暗号資産の機関投資への増加の可能性について、市場のセンチメントは依然として前向きです。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: