Customers Bank、一部のデジタル資産ヘッジファンド向けの銀行サービスを制限

By CoinDesk – 2024/06/07 23:10:06 (JST)

この動きは、Customers Bankがアカウントのオフボーディングを行ったことに起因する可能性があります。この動向は、Silvergate BankとSignature Bankが昨年崩壊した後、一部の暗号通貨企業が米ドル銀行システムにアクセスする際に直面する課題を浮き彫りにしています。Customers Bankは、ペンシルベニア州に拠点を置き、Customers Bancorpが所有しており、米ドルの取引にのみ従事し、暗号通貨取引を行わず、暗号通貨関連の活動を支援するための融資も行っていません。同行は、顧客にブロックチェーンベースの支払いプラットフォームであるCustomer Bank Instant Token(CBIT)を提供し、顧客が24時間365日米ドル取引を行えるようにしています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: