シンガー・イギー・アゼリア、MOTHERトークンを使用して電話購入と携帯電話プランの利用拡大

By CoinDesk – 2024/06/11 06:40:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
イギー・アゼリアのMOTHERトークンが暗号コミュニティで議論を巻き起こす

The new article and the similar articles both discuss Iggy Azalea's MOTHER token. However, the new article provides additional information not found in the similar articles. Specifically, it mentions that MOTHER tokens can now be used to purchase phones and monthly cellphone plans from Azalea's planned telecommunications company. It also provides details about the payment infrastructure, the range of plans, and the success of the phones sold by the Solana blockchain. The similar articles, on the other hand, focus on the debate surrounding the MOTHER token and its implications in the crypto community. Therefore, while both articles discuss the MOTHER token, the new article provides new facts and details that are not present in the similar articles.

シンガーのイギー・アゼリアは、MOTHERトークンの保有者が近く、彼女の計画する通信会社から電話や月額携帯電話プランを購入する際にこれらを使用できるようになると発表しました。この動きは、最近発行されたMOTHERトークンに有用性を追加することを目的としており、過去24時間で18%の増加を記録し、ミームコインを上回っています。アゼリアは、これらの購入のための支払いインフラがSphere Labsによって管理され、データ使用量やネットワークスペクトラムに基づいて月額$20から$80までのプランが提供されると述べました。

Solanaブロックチェーンで販売されている電話は、BONKトークンの割り当てが含まれており、Solanaベースのミームトークンに対する関心の高まりにより、フラッグシップモデルのSagaが2023年に完売しました。2024年2月に100,000件以上のプレセール注文があった2番目のSaga電話の発売は、好調な販売によって促されました。MOTHERトークンは、当初、Solana上でセレブリティミームコインとして発行され、初期の取引は不安定であり、その正当性や広範なトークン採用の可能性について、暗号コミュニティ内で議論を巻き起こしました。

初期の不確実性にもかかわらず、アゼリアの長期的成長を約束する姿勢は、MOTHERトークンの早期保有者にとって成果をもたらし、トークンの時価総額が1,000万ドル未満から2億ドル以上に急増しました。通信会社の発表と、電話やプランの購入にMOTHERトークンを統合することは、トークンの有用性を高め、さらなる採用を促進する戦略的な動きを示しており、セレブリティ支援の暗号通貨の進化する風景を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: