米国の制裁規定に関する懸念、暗号通貨業界

By CoinDesk – 2024/06/11 10:30:06 (JST)

米国の制裁規定に関する懸念、暗号通貨業界に影響を与える可能性がある法案について、業界関係者が議員と協力して問題を解決し、法案が成立するのを防ごうとしています。この法案は、中央銀行がCBDCを発行することやソフトウェア開発者など、さまざまな暗号通貨関連の利害関係者に広範な影響を及ぼす可能性があり、業界内で懸念が高まっています。

政策立案者が不正な暗号通貨利用を防ぐための議論の必要性を理解し、提案された制裁システムや権限の割り当てに関する潜在的な問題を強調するために、ロビー活動が行われています。業界は、2021年のインフラ法案と同様の立法的な驚きを避けるために、議員と積極的に協力してこれらの懸念に対処しています。最近の立法行動で暗号通貨規制への両党の支持が明らかになっており、業界はデジタル資産ビジネスへの法案の潜在的な影響を把握するのに苦労しています。

業界代表者と議員の対話は、暗号通貨を巡る不正な金融活動を防ぐための均衡の取れたアプローチを確保し、規制上の懸念に対処するためのオープンな議論と協力の重要性を強調しています。暗号通貨業界は、過去の驚きを繰り返さないようにするために、ワシントンでのロビー活動を強化し、効果的に立法に影響を与える取り組みをしています。政策立案者との協力を通じて、違反者の特定のための明確なガイドラインや比例的な制裁の必要性を強調することで、業界代表者は合法的な暗号通貨活動を保護しつつ、効果的に不正利用を防ぐために法案を整備しようとしています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: