銀行業界における犯罪防止の再考:暗号エコシステムの活用

By CoinDesk – 2024/06/13 14:50:06 (JST)

イギリス銀行の前チーフエコノミストであるアンディ・ハルダン氏は、政治的つながりによる銀行口座開設の課題を浮き彫りにし、多くの人が直面する銀行業界の困難を指摘しました。右派政治家ナイジェル・ファラージ氏のCoutts口座の閉鎖が論争を引き起こし、銀行のCEOが解任され、ファラージ氏が謝罪を受けたことが話題となりました。ハルダン氏自身が政治的つながりにより銀行口座を拒否された経験は、個人が銀行との関係で直面する複雑さを浮き彫りにしています。

現行のシステムは、犯罪防止の負担を銀行に押し付け、企業や顧客に莫大なコストが転嫁されています。犯罪を防ぐことに焦点を当てる代わりに、当局は犯罪活動に直接取り組む努力を再配置することができます。AIなどのテクノロジーを活用して犯罪活動を追跡し、犯罪者を元凶で起訴することで、金融システムは犯罪対策能力を向上させ、銀行による警察活動への依存を減らす可能性があります。

現行システムへの新たな代替案は、暗号エコシステムを活用して権威主義的な過剰干渉に抵抗し、従来の金融ネットワークの限界に対処することを含みます。この代替アプローチは、銀行が犯罪防止の主たる責任を負うべきだという考えに挑戦し、不正活動への効果的な戦略の可能性を示しています。当局が既存の枠組みの限界を認識する中、暗号空間内で革新的な解決策を探ることで、セキュリティの向上や従来の銀行システムへの依存の削減に向けた新たな手段が提供されるかもしれません。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: