米国5月PPI報告、インフレ圧力の緩和を示唆

By PANews – 2024/06/13 21:46:58 (JST)

米国5月PPI年率は2.2%で、予想を下回り、インフレ圧力の緩和を示しています。月次率も予想外に-0.2%減少し、7か月ぶりの最大減少となりました。PPIの減少は、最終需要PPIの減少を示す労働統計局のデータによって支持され、インフレ圧力の低下を示唆しています。連邦準備制度理事会は、インフレ動向に基づいて、20年以上の最高水準で基準金利を維持し、今年はインフレ動向に基づいて1回の利下げを期待しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: