トランプ氏のビットコインマイナーと暗号政策の楽観主義

By Blockworks – 2024/06/15 04:30:00 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
政治と暗号通貨の交差点:トランプ氏の米国ビットコインマイニングへの呼びかけ

新しい記事と類似した記事の両方が、トランプ氏がビットコインマイニング業界との関与について取り上げています。両方の記事は、トランプ氏が国内ビットコインマイニングに興味を持ち、業界が直面する課題を理解していることを述べています。ただし、新しい記事は類似した記事にはない追加の詳細を提供しています。会議に出席した特定の参加者、例えば、マラソンデジタルのCFOサルマン・カーンや政府関係担当副社長のジェイソン・ブラウダーなどが言及されています。また、マラソンのリーダーが紹介したASICマシン、トランプ氏が米中間のAIにおける競争環境を理解していること、そしてトランプ氏と共有された具体的な政策提案についても議論されています。さらに、新しい記事には、民主党議員ワイリー・ニッケルが暗号通貨に対する親和的な立法を推進することに対する楽観論が含まれています。これらの新しい事実と詳細により、新しい記事は類似した記事とは異なるものとなっています。

ドナルド・トランプ前大統領は最近、フロリダのマー・ア・ラゴでビットコインマイニングの幹部と重要な会合を開き、業界における画期的な出来事となった。この会合には様々なマイニング企業の代表者が参加し、Marathon Digitalの最高財務責任者(CFO)であるサルマン・カーン氏と政府担当副社長のジェーソン・ブラウダー氏も出席した。ブラウダー氏はこの会議を「記念碑的なもの」と表現し、世界のハッシュレートの約30%がこの部屋に集まったと述べた。トランプ大統領は、ビル・ハガティ上院議員や他の政策アドバイザーを伴い、経営陣と交流し、アメリカの技術、特にマラソン社の首脳陣が展示したASICマシンに関心を示した。

トランプ氏のビットコインマイニング業界への関与の真摯さを疑問視する声もあったが、幹部たちは、許可証のハードルや銀行の課題など、マイナーに影響を与える重要な問題に対するトランプ氏の認識を指摘した。トランプ氏はまた、BTCマイナーによってますますサポートされている分野であるAIにおける米国と中国の競争状況についても理解を示した。幹部たちはトランプ氏と具体的な政策案を共有し、公正な待遇の必要性と、米国で盛んな産業を育成したいという希望を強調した。潜在的な政治的動機にもかかわらず、幹部は暗号が超党派の問題であることを強調し、ジョー・バイデン大統領を含む他の政治家と関わる用意があることを表明した。

別の展開として、民主党のワイリーニッケル下院議員は、暗号政策に超党派の支持を集めるための効果的なメッセージングの重要性を強調した。ニッケル氏は、規制当局の役割を明確にすることを目的としたFIT21法のような法案の推進について楽観的であり、ワシントンにおける暗号に友好的なイニシアチブの広範な推進を反映している。ニッケル氏は議会から離脱する予定だが、暗号に友好的な政策を推進し、規制上の課題に対処するために議員を関与させることで、継続的な進展が期待される。業界が政策立案者との効果的なコミュニケーションと関与に注力していることは、暗号有権者の影響力の増大と、規制枠組みの形成への積極的な関与の必要性を強調している。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: