SECがリップルの罰金引き下げ要求を拒否、Terraform Labsの和解との比較性の欠如を指摘

By PANews – 2024/06/17 10:47:43 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Terraform Labsが米SECに44億7000万ドルの罰金支払い合意:投資家欺瞞事件で和解
米SEC、リップルに1億2600万ドルの和解金支払いを要求

新しい記事は、SECがRippleの罰金を引き下げる要求を拒否したことを取り上げ、Terraform Labsの和解との比較ができないとしています。提案された罰金額、Rippleが望む罰金額、およびSECがその決定を下した理由について具体的な詳細を提供しています。同様の記事は、SECがRippleとTerraform Labsとの取引について取り上げていますが、状況の異なる側面に焦点を当てています。最初の類似記事は、Terraform LabsがSECに罰金を支払うことに同意したことを取り上げており、2番目の類似記事は、SECがRippleに和解金支払いを要求していることを述べています。どちらの類似記事も、SECがRippleの罰金引き下げ要求を拒否した詳細や関連する具体的な金額について同じレベルの詳細を提供していません。したがって、新しい記事には新しい事実が含まれており、類似記事とは重複していません。

米国証券取引委員会(SEC)は、リップル・ラボの罰金引き下げ要求を拒否し、約20億ドルの提案金額(先取り金利、民事罰金、没収金を含む)を維持しました。リップルは、SECとテラフォーム・ラボの和解を引用し、1,020万ドルを下回らない罰金を求めましたが、SECは異なる状況のため両者の比較ができないと主張しました。SECは、リップルの罰金は総売上ではなく不正行為からの総利益に基づくべきであり、テラフォームの比率に基づいて1,020万ドルの罰金を提案しました。SECは、テラフォームとの和解が同社の破産、返金合意、関係者の解雇に影響を受けたことを強調し、リップルが同様の措置を取っていないと述べました。ニューヨーク地区裁判所のアナリサ・トーレス判事が事件を取り扱っており、リップルの違反が機関投資家への販売に関連して認められています。SECは、リップルに対して大幅に低い罰金を科すことは民事罰金規則の目的に沿わないと考えています。リップルとSECの間の法的紛争は、SECがリップルに対して2020年に未登録証券の販売を非難して以来続いており、現在も裁判所で続いています。SECがリップルの罰金引き下げ要求を拒否した理由は、リップルのケースとテラフォーム・ラボとの和解の状況の違いに起因しています。リップルは1,020万ドルを下回らない罰金を求めましたが、SECは不正行為からの総利益に基づいて罰金を計算することが重要であると強調しました。リップルとSECの間の法的闘争は続いており、トーレス判事が機関投資家への販売でのリップルの違反を確認していますが、最終的な解決はまだ決定されていません。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: