Solanaのサンドイッチボット「arsc」がMEVアービトラージを悪用し、約$30 millionを稼ぐ

By PANews – 2024/06/17 10:58:42 (JST)

Solanaのユーザーに対するMEV攻撃を行う「arsc」というMEVサンドイッチロボットが、過去2ヶ月で約$30 millionを稼いだと報じられています。これらの攻撃は、被害者の取引を攻撃者自身の取引で挟み、トークンを市場価値以下で購入し、同じブロック内で売却することで利益を得るものです。MRGN Researchの創設者であるBen Coverstonは、Solanaネットワーク上での「arsc」の活動を強調し、利用者を搾取しながら注目を避けていると述べています。

「arsc」ロボットに関連する主要なウォレットアドレスの1つである「9973h…zyWp6」は、$19 million以上の資金を保有しており、SOLトークンやUSDCなどの大量の資産を保有しています。もう1つの活発なウォレットである「Ai4zq…VXKKT」は、分散型ファイナンス活動に関与し、合計$9.9 million以上のさまざまなトークンを保有しています。Coverstonは、「arsc」の主要なストレージアドレスとして「BCbrp…vi58q」を特定し、複数のサインラーとプロンプターを使用してサンドイッチ攻撃を実行しています。これらのウォレットは合わせて約$29.8 millionを保有しており、Solanaでのロボットの活動の規模を示しています。

「arsc」のようなMEVサンドイッチ取引ロボットは、利益機会を利用するために高度なアルゴリズムを活用しており、これはEthereumでも見られる戦略です。MEVBlockerのデータによると、これらの類似した手法により、Ethereumの利用者から$1.38 billion以上が抽出されており、暗号空間でのこのような活動の普及が強調されています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

Share on: