米国経済シグナルにより、ビットコイン投資商品が大幅な流出を経験

By CoinDesk – 2024/06/17 20:30:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
デジタル資産投資商品、600億ドルの流出
Bitcoin(BTC)価格が65,000ドルに急落、アルトコインが10%〜20%の損失を被る

新しい記事と類似した記事はすべて、米連邦準備制度の経済見通しに大きく起因するとされるビットコイン投資商品からの大規模な資金流出について取り上げています。両方の記事は、ビットコインからの621百万ドルの具体的な流出額と、デジタル資産エコシステム全体からの総額600百万ドルの流出に言及しています。また、両方とも、連邦準備制度の強硬な姿勢とそれがビットコイン価格に与える影響に焦点を当て、ビットコインの価格が65000ドルの4週間ぶりの安値に下落したことを強調しています。類似した記事では、ETH、LIDO、XRPなどのオルトコインへのわずかな流入も言及されており、これは新しい記事でも報じられています。したがって、新しい記事には、すでに類似した記事で取り上げられている新しい事実や数字は含まれていないようです。

先週、米国からの経済シグナルが混在し、ビットコイン投資商品は総額6億2,100万ドルの大幅な流出を経験しました。BTCの損失により、デジタル資産全体で6億ドルの流出が生じました。CoinSharesによると、GrayscaleのGBTCが最も大きな影響を受け、2億7,300万ドルの流出がありました。一方、ETH、LIDO、XRPなどのオルトコインはわずかな流入を記録しました。

5月の米国インフレデータは横ばいと報告され、当初は期待を上回りましたが、連邦準備制度が5.25%〜5.50%の基準金利レンジを維持し、今年は1回の利下げのみを予測した鷹派的な姿勢がビットコインに否定的な影響を与えました。その結果、金曜日にはビットコインが4週間ぶりの低水準の6万5,100ドルまで下落し、報告時点で6万6,000ドルで取引されていました。CoinDesk 20指数は1.75%の下落を示し、デジタル資産市場全体のパフォーマンスを反映しています。

ビットコイン投資商品の流出と市場の連邦準備制度の経済見通しへの反応は、暗号通貨価格に与えるマクロ経済要因の影響を浮き彫りにしています。一部のオルトコインでわずかな流入があったにもかかわらず、ビットコインは下方圧力に直面し、投資家が変動する経済環境や中央銀行の政策に反応し、数週間ぶりの最低水準に至りました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: