SEC暗号通貨取引リーダーが退任:暗号通貨規制とETF承認の未来

By Blockworks – 2024/06/18 04:45:00 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
米SECの暗号通貨担当デイビッド・ヒルシュが約9年ぶりに退職

新しい記事と類似した記事の両方が、SEC(証券取引委員会)のデイビッド・ハーシュ氏の退任と、これが暗号通貨規制に与える潜在的な影響について報じています。両方の記事は、ハーシュ氏が暗号通貨規制の執行に果たした役割や、暗号通貨関連企業に対する重要な行動を強調しています。しかし、新しい記事は類似した記事にはない追加情報を提供しています。SECがハーシュ氏の指導のもとで取った具体的な行動について言及し、元警察官に対する未登録トークンの提供の告発やSafeMoonに対する詐欺の主張を追求したことを述べています。また、SECがスポットイーサーETFの承認に関する進捗状況について、登録声明の最終化のための潜在的なタイムラインを含めて詳細を提供しています。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事には類似した記事にはない新しい事実や詳細が含まれています。

SECの暗号執行リーダーであったデイビッド・ハーシュが約2年の任期を終えて退任した。ハーシュ氏が在任中、SECは様々な暗号関連団体に対して重要なアクションを起こし、その中には無登録トークンオファリングで元警察官を告発したり、SafeMoonに対する詐欺請求を追及したりするものがあった。ハーシュの退任は、暗号企業に対する明確なルールの欠如や、執行による規制への非難など、暗号規制に対するSECのアプローチの今後の方向性に疑問を投げかけている。

ハーシュのリーダーシップの下、SECは暗号空間における詐欺行為や未登録行為に対する執行措置を追求する一方、暗号製品の提供を求める発行体にも関与していた。ビットコインやイーサーのETFを承認するなどの最近のマイルストーンにもかかわらず、SECの執行力は、Robinhoodに発行されたウェルズ通知に見られるように、強力なままである。ハーシュの後任は、暗号に懐疑的なゲーリー・ゲンスラー委員長のアプローチや、コインベースのような取引所との継続的な法廷闘争を反映して、暗号に対するSECの慎重な姿勢を維持すると予想される。

一方、スポット・エーテルETFの承認に向けたSECの進展は、S-1提出書類に対するコメント受領とフィードバックへの対応期限設定によって前進している。暗号市場が進化を続ける中、エーテルETFの承認は暗号投資機会の新たな局面を示唆する可能性があり、関係者は規制の明確化と市場の発展を待ち望んでいる。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: