Renzo、GalaxyとBrevan Howardから1,700万ドル調達

By CoinDesk – 2024/06/19 07:10:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Renzoが流動性再担保プロトコルのために1700万ドルの資金調達を確保

新しい記事と類似した記事の両方が、RenzoがGalaxy VenturesとBrevan Howard Digital Nova Fundから1700万ドルの資金調達を確保したことを報じています。両方の記事は、資金を使用してERC-20トークンのサポートを強化し、イーサリアムを超えたリステーキングのトレンドに言及しています。新しい記事では、RenzoのプラットフォームがEigenLayerで運営され、そのリキッドリステーキングトークンであるezETHを発行していることに関する追加情報を提供しています。また、最近の$REZトークンのエアドロップについても言及しています。しかし、これらの詳細は、資金調達とその資金の利用目的という主要な事実を著しく変えるものではありません。したがって、新しい記事には、類似した記事とは異なる新しい事実が含まれているわけではないようです。

Renzo、Galaxy VenturesおよびBrevan Howard Digital Nova Fundから1,700万ドルの資金調達を達成しました。この資本は、ERC-20トークンのサポートを含むステーキングサービスの拡充に活用されます。RenzoはEigenLayer上で運営され、ユーザーのステークされたETHを再利用して追加ネットワークを保護し、ETHよりも高い収益を提供しています。

Renzoのプラットフォームは、EigenLayer上のリキッドデリバティブプラットフォームとして説明され、ステークされた資産と引き換えに、リキッドステーキングトークンであるezETHを発行します。ERC-20トークンのステーキングも一般的になり、EigenLayerはEIGENトークンを受け入れ、Symbioticは$ENAおよび$USDeをサポートしています。ERC-20トークンを用いたステーキングの発展は、ETHなどの従来の資産を超えてリキッドステーキングへの関心が高まっていることを示しています。

Renzoの資金調達は、最近の$REZトークンのエアドロップに続き、コミュニティに9.5%が配布されました。プロトコルの役割は、AVSを保護するEigenLayerのインターフェースとして明確化されています。ERC-20トークンを用いたステーキングの発展は、ETHなどの従来の資産を超えてリキッドステーキングへの関心が高まっていることを示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: