マーティン・シュクレリがトランプの息子がDJTトークンの秘密鍵を保持していると主張

By PANews – 2024/06/20 14:53:36 (JST)

マーティン・シュクレリは、X Spaces番組で、ドナルド・トランプの18歳の息子であるバロン・トランプがトランプコイン(DJT)を父親の承認のもと立ち上げ、そのスマートコントラクトアドレスの秘密鍵を保持していると主張しました。シュクレリは、バロンが彼の助けを求め、現在1460万ドルで評価されているソラナベースのトークンを立ち上げる際に関与したと述べ、仮想通貨インフルエンサーである「Ansem」の関与を明らかにしました。シュクレリは、バロンがDJTトークンのKraken取引所への上場について連絡を取っており、トランプが承認したと主張し、「モンゴルの王子」を証人として紹介し、バロンが真のクリエイターであることを確認しました。シュクレリは、トークン発行に関するアドバイスを提供し、バロンが展開を担当していると述べ、トークンの鍵はトランプが保持していることを強調しました。彼は、合計10人が発行に関与していると示唆しました。一方、Cinneamhain Venturesのアダム・コクランは、シュクレリが自らを解放するためにバロンに責任を転嫁しようとしていると非難しました。シュクレリの主張に対する観客の反忍は異なり、一部は信じている一方、他の人はバロンが父親の選挙年の論争に関与している可能性に疑問を呈しています。シュクレリは、2017年の証券詐欺で有罪判決を受け、懸念があるにもかかわらず、保護観察条件を犯していないと否定しました。トランプ陣営に詳しい情報源によると、陣営はDJT Memeプロジェクトには関与していなかったとのことです。シュクレリの発言により、トランプコインの創設におけるバロンの役割に対する反応が分かれ、バロンの関与の程度やシュクレリの動機に疑問が投げかけられています。X Spaces番組での主張は、バロン・トランプ、マーティン・シュクレリ、DJTトークンの創設との関連に注目を集め、トークンの正当性やトランプ家族への潜在的な影響についての疑問を呼び起こしています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: