DeFiエコシステムにおけるステーブルコインの役割と将来の成長

By Blockworks – 2024/06/20 22:02:13 (JST)

DeFiエコシステムにおけるステーブルコインの役割と将来の成長について論じられており、これらがクロスボーダー取引を促進し、さまざまな金融商品をサポートする重要性が強調されています。USDCやUSDTなどのステーブルコインが安定性と流動性を提供する重要な役割を果たす一方で、不動産などの現実世界の資産のトークン化は流動性の問題や法的複雑さに直面しています。ステーブルコインが市場の変動リスクを緩和し、DeFiセクターの責任ある成長を確保する必要性が強調されています。

ステーブルコインはベアラーアセットとして機能し、デジタルキャッシュの簡単な所有権と転送を可能にし、米ドル建て資産の分散採用に不可欠です。法定通貨にペッグされたステーブルコインによる安定性は、過去の金融危機で経験した流動性危機や市場の混乱を防ぎ、オンチェーンのRWAsの拡大に不可欠です。USDCやUSDTなどの米ドル建てステーブルコインは、基礎となる資産の利子による収益を生み出し、エコシステムの安定性に貢献しています。

DeFiの将来は、異なるアプリケーションやリスク許容度に合わせた多様なステーブルコインやRWAsから利益を得るでしょう。成長には革新が不可欠ですが、DeFiエコシステムが進化する中で安定性と信頼を確保するためには、リスクの低い米ドル建てステーブルコインに焦点を当てるべきです。革新と安定性のバランスを取ることが、DeFiにおけるRWAセクターの持続可能な成長にとって重要であり、市場が拡大する中で世界経済を不安定化させることを避けることを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: