LayerZero CEO、エアドロップの投機を解消するために寄付証明メカニズムを導入

By PANews – 2024/06/21 00:35:52 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
LayerZero CEOが1.28百万の資格を持つウォレットとエアドロップ検証ページの開設を発表

LayerZero Labsが導入したProof of Donationメカニズムを紹介する新しい記事は、短期的な投機と戦い、ユーザーに慈善活動を支援するよう促す戦略について述べています。また、同社が分散型インターネットの構築とユーザーの価値観とLayerZeroとのより深いつながりを育むことに焦点を当てています。一方、別の類似記事では、1.28百万の資格を持つウォレットがプラットフォーム上に発表され、LayerZeroによるエアドロップ検証ページの立ち上げについて取り上げています。両方の記事はLayerZeroと同社のCEOであるBryan Pellegrinoに関与していますが、それぞれの内容や事実は異なります。新しい記事は類似記事の情報を繰り返すことなく、LayerZeroの最近の取り組みに関する新しい洞察と情報を提供しています。

LayerZero LabsのCEOであるBryan Pellegrinoは、エアドロップが本来の目的から逸脱したことに対応して、寄付証明メカニズムについて説明しました。2022年にはエアドロップが好評でしたが、2023年には投機が増加し、LayerZeroには期待が高まり、圧力がかかりました。短期的な投機に対抗するため、LayerZeroは寄付証明アプローチを導入し、ユーザーに慈善活動を支援し、プロトコルの価値観と一致させるよう奨励しています。この戦略は、ユーザーの価値観とLayerZeroとの深いつながりを育むことを目指し、長期的なプロトコル開発とコミュニティサポートを強調しています。

Pellegrinoは、中央集権的な制御から解放された公共所有権によって制御される分散型インターネットの構築の重要性を強調しました。論争に直面しても、LayerZeroはトップ開発者をサポートし、長期的なプロトコルの整合性を重視することで、ユーザーの認識と忠誠心を獲得することに焦点を当てています。寄付証明メカニズムは、ユーザーがプロトコルへの関与を考えるきっかけとなり、より考え深く価値志向のある参加アプローチを促進することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: