リップル証券訴訟でカリフォルニアの裁判官がニューヨークの裁判官と対立

By PANews – 2024/06/21 09:42:31 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
カリフォルニアの裁判官、リップル証券訴訟を審理に送る、一部の主張は却下

新しい記事と類似した記事の両方が同じ出来事について言及しています:カリフォルニアの裁判官がリップルに対する民事証券訴訟を進行させるという判断を下したことです。両方の記事は、いくつかの主張が却下され、1つの個別の州法主張が進行することになったことを述べています。両方の記事は、リップルのCEOブラッド・ガーリンハウスに対する申し立てと、XRPがハウイ・テストの下で証券の基準を満たさないというリップルの主張について詳細に説明しています。両方の記事は、ハミルトン裁判官の判決とニューヨークのトーレス裁判官の以前の判決との矛盾を強調しています。新しい記事には、類似した記事で既に取り上げられていない新しい事実や数字はありません。

カリフォルニアの裁判官は、リップルに対する民事証券訴訟を進めることを決定し、リップルの一部の異議申し立てを退けました。この訴訟は、2017年にリップルのCEOであるブラッド・ガーリンハウスが州の証券法に違反したと主張し、特にテレビインタビュー中に行われたとされる誤解を招く発言に焦点を当てています。裁判官のフィリス・ハミルトンは、集団訴訟での4つの主張を却下し、リップルの最高法務責任者が全ての集団訴訟主張の却下に満足しているにも関わらず、州法に基づく個別の主張のみを進めることを許可しました。

原告は、ガーリンハウスが仮想通貨に対する自信を公言しながら2017年に数百万のXRPを売却したと主張し、これがカリフォルニアの証券法に違反する可能性があるとしています。リップルの弁護側は、XRPがハウイ・テストの基準を満たさないと主張し、誤解を招く主張を否定しました。ハミルトン裁判官の判決は、ニューヨークの類似したケースでのアナリサ・トーレス裁判官の以前の判決と矛盾しており、合理的な投資家は仮想通貨市場のトレンドからの利益期待だけでなく、リップルがXRPをさまざまな分野で促進する取り組みも考慮するだろうと強調し、最終的にリップルの行動が他者の努力に基づく利益期待を生むことはないと結論づけました。ガーリンハウスは、この最近の判決によって別のSECのケースでのトーレス裁判官の判決に影響を受けないと述べました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: