アーサー・ヘイズ:日本銀行の米国債売却が暗号市場を後押し

By PANews – 2024/06/21 10:03:46 (JST)

BitMEX共同創業者のアーサー・ヘイズは、ノーリンチュキン銀行が630億ドルの米国債を売却し、日本の銀行が合計4500億ドルに達する可能性があることを指摘しました。これは、米日金利差の拡大によるものです。ヘイズは、米財務省が日本銀行に対し、これらの債券を連邦準備制度を介して吸収するよう要請する可能性があると述べ、これにより暗号市場に流動性が注入され、ビットコインを含む価格が上昇すると提案しました。ヘイズは、連邦準備制度による大規模な債券買い戻しが暗号市場における米ドル流動性の増加につながり、新たなブルランをもたらす可能性があると予想しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: