カリフォルニアの裁判官、リップルに対する民事訴訟の一部を却下し、残りの証券訴訟を審理へ送る

By CoinDesk – 2024/06/23 00:20:05 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
リップル証券訴訟でカリフォルニアの裁判官がニューヨークの裁判官と対立

この記事と類似した記事の両方が同じ出来事について議論しています:カリフォルニアの裁判官がリップルに対する民事訴訟の一部を却下し、残りの部分について審理を進めるという判決を下したことです。両方の記事で取り上げられている主なポイントは、リップルのCEOに対する申し立て、4つの主張の却下、1つの個別の州法に基づく主張の継続、およびリップルがXRPがハウイ・テストの定義における証券の定義に該当しないと主張している点です。両方の記事は、この判決と以前のニューヨークの判決との矛盾についても言及しています。この記事には、類似した記事で既に取り上げられている新しい事実や数字はありません。

カリフォルニアの裁判官は、リップルに対する民事証券訴訟が審理に進むことを決定しました。この訴訟では、2017年のテレビインタビューでリップルのCEOが誤解を招く発言をしたとされています。裁判官は、集団訴訟での4つの主張を却下しましたが、個別の州法主張1つは進行することとなり、ブラッド・ガーリンハウスがXRPを長期保有者であると主張しながら売却したかどうかが焦点となります。

リップルの弁護士は、XRPがハウイ・テストの定義に該当しないと主張し、証券に関連する誤解を挑戦しています。裁判官の判決は、ニューヨーク南部地区の並行したケースでの以前の判決とは異なり、XRPが暗号取引所で小売参加者に直接販売された際には証券とは見なされなかったことを示しています。この判決は、XRPの分類を巡る継続的な法的闘争における重要な展開と見なされています。

裁判官の決定は、XRPの売却からの利益の期待とリップルのクロスボーダー支払いでの利用促進活動について疑問を投げかけます。裁定は、非機関トレーダーへのXRP販売が証券ではなかったという考えを挑戦する一方、進化する暗号通貨の風景における投資家の期待の決定の複雑さを浮き彫りにします。リップルの最高法務責任者は、この最近の展開がSECのケースに影響を与えないことを強調しました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: