Tetherがトークン化されたゴールドをバックにした資産向けのAlloyプラットフォームを導入

By CoinDesk – 2024/06/23 18:30:05 (JST)

Tetherは、Ethereum上のAlloyプラットフォームを導入し、ユーザーがTetherのトークン化されたゴールドで裏付けられたトークンを作成できるようにしました。最初の資産であるaUSDTは、米ドルにペッグされており、XAUTを担保として預け入れることで作成できます。このプラットフォームは将来的に収益を生む製品を提供することを目指しており、aUSDTは、ユーザーが金担保トークンを売却せずに暗号通貨を支払いや送金に使用したい場合に向けられています。新しいトークンを作成するためには、担保価値が75%以上である必要があります。

Moon Gold NA、S.A. de C.V.、およびMoon Gold El Salvador、S.A. de C.V.が資産発行を担当し、エルサルバドルのデジタル資産国家委員会の規制下にあります。Tetherは、USDTの発行を超えて、ビットコインのマイニング、支払い処理、およびクラウドコンピューティングを通じたAIへの投資を含む拡大を図っています。Tetherは、今年初めに、債券や株式などさまざまな資産のデジタル版を作成するトークン化プラットフォームの計画を明らかにしました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: