FTX被害者が破産手続きで80億ドルの回収を求める

By CoinDesk – 2024/06/23 20:30:06 (JST)

FTX破産被害者は、資産80億ドルの回収を求め、これらの資金は破産管財人ではなく顧客に帰属すると主張しています。破産管財人が提案した再編計画は、債権者の98%に対して現金で債権の118%を返済するものであり、破産期間中に暴騰した暗号通貨価格の上昇を逃した顧客の不満を引き起こしました。

裁判所の提出書類は、「クリプトウィンター」中の暗号通貨価格を基準に顧客の請求を評価することの不公平さを強調し、破産申請以降のSolanaやビットコインなどの資産の価格上昇を指摘しました。被害者の弁護士は、元CEOであるSam Bankman-Fried氏が顧客から80億ドルを盗んだとして告発され、25年の懲役刑を受けたことから、破産手続きを「二度目の窃盗行為」と表現しました。

提出書類は、FTXトークン保有者が債権者の優先順位が低いため、管財人からの補償を受ける際に直面する課題を強調しました。暗号資産の価値の変動により、被害額は80億ドルを超えると推定されており、顧客は失った投資に対する正義を求めています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: