スタンダード・チャータード、ロンドンにスポットビットコインとイーサ取引デスクを開設

By CoinDesk – 2024/06/24 02:30:05 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
スタンダードチャータード銀行、ビットコインとイーサリアムのスポット仮想通貨取引デスクを開設

新しい記事と類似した記事の両方が、スタンダード・チャータードがロンドンでビットコインとイーサリアムのスポット取引デスクを立ち上げたことを取り上げています。両方の記事は、この動きが銀行の戦略の一環として、デジタル資産エコシステムにおけるクライアントをサポートすること、アクセス、保管、トークン化、相互運用性を含むことを述べています。また、両方とも銀行が規制要件を遵守し、機関投資家のニーズに応える努力を強調しています。類似した記事には、新しい記事にはない追加の数字や事実は提供されていません。したがって、新しい記事の内容には、類似した記事との差別化につながる新しい事実や数字は含まれていないようです。

スタンダード・チャータードは、ロンドンにビットコインとイーサのスポット取引デスクを立ち上げ、スポット暗号通貨取引に参入する世界の銀行の先駆けとなります。このデスクは銀行のFX取引部門内で運営され、機関投資家のデジタル資産取引ニーズに対応します。この動きは、アクセスやカストディからトークン化、相互運用性まで、銀行の戦略に合致しています。

銀行の暗号通貨への関与は、デジタル資産のカストディアンであるZodia Custodyやその取引所Zodia Marketsを支援することにまで及んでいます。スタンダード・チャータードは、機関投資家のビットコインやイーサの取引ニーズに応えるため、規制当局と協力してきました。他行が数年間にわたり暗号通貨デリバティブを取引してきた中、スタンダード・チャータードのスポット暗号通貨取引への参入は、従来の銀行業界がデジタル資産と関わる上で重要な進展となります。

スタンダード・チャータードがブルームバーグが初めて報じたニュースをCoinDeskに確認し、機関投資家に対して暗号通貨取引サービスを提供する姿勢を強調しています。銀行が規制要件を遵守し、デジタル資産サービスの幅広い提供を行う取り組みは、金融業界やデジタル資産領域における顧客の変化するニーズに積極的に対応する姿勢を反映しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: