EU MiCA規制下でのESGデータ報告に向けて仮想通貨企業に準備を促す

By PANews – 2024/06/26 20:54:37 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
MiCA下の持続可能性開示の期限混乱に関する暗号リスクアナリストの警告

新しい記事と類似した記事は、EUのMiCA規制の下での暗号資産サービスプロバイダー(CASPs)に対するESGデータ報告要件について同じトピックを取り上げています。両方の記事は、ESGデータ開示の締め切りに関する混乱、Crypto Risk MetricsとEU Crypto Asset Identifier Transparency Reporting Organizationとの協力、CASPsがホワイトペーパーの公表状況に関わらずESGデータを表示する必要があることを言及しています。両方の記事はまた、CASPsがこれらの規制を遵守する重要性を強調しています。ただし、新しい記事は、コンサルテーションペーパー2で明確化されたMiCA規制のテキストや、暗号エンティティがウェブサイトにすべての関連する暗号資産情報を表示する必要があるという要件に関する追加情報を提供しています。この追加情報は類似した記事にはないため、新しい記事には類似した記事に含まれていない新しい事実が含まれています。

PANewsによると、欧州証券市場監督機構は、Crypto Asset Service Providers(CASPS)の80%以上が2025年1月1日からの環境、社会、ガバナンス(ESG)データ報告の必要性に気づいていない可能性があることを明らかにしました。MiCAは2023年に発効され、CASPSは今年末までに開示要件の策定を開始する必要があります。ESGデータ開示の締め切りについては混乱があり、いくつかの解釈では、白書の公開時にのみ必要とされると示唆されています(2027年末までに予定)。

Crypto Risk Metricsは、EU Crypto Asset Identifier Transparency Reporting Organizationとの協力に関する覚書に署名し、ESGデータの表示に協力します。MiCAは、Asset-Reference Tokens(ARTs)およびElectronic Money Tokens(EMTs)発行者が2024年6月30日までに持続可能性情報を開示することを義務付けています。CASPSは、白書の公開状況に関係なくESGデータを提示する必要があります。ESMAは、MiCA規制テキストで明確にされた内容に基づき、暗号資産関連情報をウェブサイトで目立たせるように強調しました。

Zölitzは、MiCA規制テキストの文言からESGデータ開示の締め切りに関する混乱が生じていることを指摘しました。規制は、取引プラットフォーム運営者が2027年12月31日までに白書を起草、通知、公開する必要があると規定しています。ESMAが強調したように、CASPSは、白書の公開状況に関係なくESGデータを提示する必要があります。これらの規制に適合することは、CASPSがEU MiCA枠組み下での今後の報告要件を満たすために重要です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: