ポリマーケットがUMAに対し、DJTメームコインへのバロン・トランプの関与について矛盾を指摘

By CoinDesk – 2024/06/28 10:50:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ポリマーケットとUMA、DJTトークンにおけるバロン・トランプの関与で対立

新しい記事と類似した記事の両方が、PolymarketとUMAの間でDJTトークンにおけるBarron Trumpの関与についての意見の相違について取り上げています。両方の記事は、PolymarketがUMAの決定と矛盾しており、Barron Trumpが何らかの形で関与していたと信じていることを述べています。また、この論争が引き起こした注目の高さを強調し、100万ドル以上の賭けが行われていることを指摘しています。しかし、新しい記事は類似した記事にはない追加情報を提供しています。Polymarketがオラクルと解決方法論を強化する取り組みを行っており、影響を受けた契約保有者に払い戻しをする予定であることを述べています。また、Martin Shkreliのような著名人によるBarronの関与の公開主張についても言及しています。これらの新しい事実は物語に深みを加え、状況をより包括的に理解するのに役立ちます。

ポリマーケットは、UMAの決定に矛盾し、バロン・トランプがDJTトークンに何らかの形で関与していたと述べました。これにより、「はい」側の契約保有者に返金することを決定しましたが、この主張を裏付ける証拠は提供されていませんでした。UMAは最初に、バロン・トランプがそのメームコインに関与していないと結論付けたにもかかわらず、「はい」側の保有者からの抗議がありました。

ポリマーケットは、UMAの決定に異議を唱え、問題に対処する意向を示しました。その後、彼らはバロン・トランプが実際にDJTに何らかの形で関与していたことを確認しました。この状況に対応して、ポリマーケットは、オラクルと解決方法論を強化し、影響を受けた契約保有者に返金する作業を進めています。

DJTトークンの創設におけるバロン・トランプの関与を巡る論争は、予測市場界で大きな注目を集めています。UMAトークン保有者が結果を投票する中、この市場を巡る論争は100万ドル以上の賭けを呼び起こしました。トランプ家からの認知や否定がないにもかかわらず、マーティン・シュクレリなどの著名人が公然とバロンの関与を主張し、状況をさらに複雑にしています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: