DeGENとブロックチェーン統合による米国エネルギーグリッドの変革

By CoinDesk – 2024/06/29 00:50:06 (JST)

米国のエネルギーグリッドは、老朽化したインフラによる課題に直面し、頻繁な停電と莫大な財務損失が発生しています。政府は半導体生産などの優先事項に焦点を当てていますが、需要応答プログラムや行動にリンクしたクレジットを通じてこれらの問題に取り組む組織が登場しています。これらの取り組みは、顧客に電力使用を需要の低い時間帯にシフトさせることで既存のエネルギー容量を最適化し、結果としてグリッドへの負荷を軽減することを目指しています。ただし、これらのプログラムの実施は限定的であり、データの入手可能性や制御などの障壁が効果を妨げています。

これらの課題を克服するため、ブロックチェーン技術がエネルギーのデータを統一し、グリッドの効率を向上させる解決策として模索されています。太陽光パネルや充電ステーションなどの分散型エネルギーリソース(DERs)の台頭と、Srcful、Daylight、dClimateなどのブロックチェーンネットワークにより、エネルギーランドスケープが変革されています。これらのネットワークはリアルタイムデータを活用して自動的な需要応答機能を可能にし、分散型のエネルギーネットワーク(DeGENs)を通じて停電を減らし、経済的価値を創出しています。エネルギーリソースにセンサーを統合することで、これらのプラットフォームは国内のエネルギー使用をマッピングするリアルタイムデータレイヤーを提供し、正確な予測と制御を可能にしています。

スマートホームアプリ

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: